市販のカラー剤と美容院のカラー剤・2

以前の記事の続き

なぜ市販のカラー剤がダメージが大きいのか?

前回の記事

市販のカラー剤は

お家で自分で塗りますね

まずは塗り方

ホームカラーをしている方の多くに

毎回、毛先までお薬を塗っている方が多いこと

髪はダメージしたら戻りません!

髪のダメージにおいて
一番、気をつけることはなるべく痛ませないこと

月×1回 ホームカラーを毛先まですると

年12回のダメージの蓄積になってしまいます

あとは塗ってから置く時間

よく染まるようにと
40分、50分置いてしまう方もいるよう

最大置いても30分、それ以上は時間をおいても

色の入り具合は変わらず
髪の負担になるのみなんです

代わって

美容院のカラーにおいては

伸びてきた根元だけを、きっちり塗って

必要な部分以外は


薬剤に触れさせないことができます

(リタッチと言われます)

毛先に色をのせたい場合も
アルカリを低くした専用の薬あります

そして、シャンプー時にアルカリに傾いた

髪のpHを中性に戻す薬剤もつけています

これで、カラー後のダメージと色落ちも防いでいます

カラー剤そのものの

違いもありますが

やはり、お家ではできない技術が
美容院ではできるというメリットが
あるのでございます♬

さんか美容室

営業時間 10時より20時

定休日 火曜日

東京都文京区本郷4−36−5 B1F

丸ノ内線 大江戸線 本郷3丁目駅より徒歩5分

都営三田線   春日駅より徒歩10分

03−3868−3081

ご予約優先

こんなお店  地図

Comments are closed.